スタッフインタビュー Interview

Area Manager

「人生の中ですごく大事な瞬間を助けてくれた人」
という大きな存在になれるんです。

Satomi. K

ビタースウィート 入社7年目
エリアマネージャー(兼 築地店店長)
エリアマネージャーとして、主に各店の副店長の指導を行っていると同時に築地店の店長として、 店舗スタッフの育成や売上目標達成のための取り組みなど幅広く活躍しています。

Q. この業界で働きたいと思った理由は何ですか?
ひとつは、学生時代に身につけた服飾に関する知識を活かせると考えたこと。もうひとつは、人が人生で主役になれるのは「生まれた時」「結婚式」「亡くなった時」の3回。その中で、自分でその瞬間を演出できるのは「結婚式」だけ。その人が主役としてその場に存在できてずっと記憶に残る、大事な瞬間のお手伝いがしたいと思い、この仕事を選びました。

Q. どんな時に喜びややりがいを感じますか?
部下のスタッフたちに良い変化があったり、成長した様子を見た時には、自分の指導が実を結んだという実感が得られます。私がどんな指導すれば部下の成長につながるのか、とても難しいからこそやりがいを感じます。(担当エリアの)すべてのスタッフを、自分と同じレベルかそれ以上に育てていくこと。その為に、自分自身も日々成長していきたいです。

Q. 店長として働く中で大変なことは?
店長とは、店舗のスタッフ全員の責任を負う立場です。何か相談された時に、私が出した結論が正しかったのか?良い方向に進んでいるのか?そういった部分がプレッシャーになります。部下への指示の出し方によって結果が違ってくるので、「次はこうしてみよう」など試行錯誤することで自分の成長にもつながっていると感じています。

Q. エリアマネージャーになるまでのキャリアを教えてください。
最初はビタースウィート新宿店の配属になり、スタッフとして接客を担当しました。新宿店に4年ほど在籍した後、築地店の店長として役職をいただきエリアマネージャーも兼任しています。自分は社交的なタイプではなく、どちらかというと地味な作業も苦にならずにコツコツやるタイプです。エリアマネージャーなったのは、おそらく、数字の分析や店内の環境整備などを丁寧に積み重ねてきたことを評価していただいたのではないかと思います。

1日のタイムテーブル
06:30起床
09:15出社・店内清掃
09:45朝礼
10:00店長会議
12:30昼食
14:00築地店
17:00表参道店・ミーティング
19:30退社
00:00就寝

Q. この仕事に興味を持っている方にメッセージをお願いします。
ブライダルに関わる仕事は、当日に何か失敗すると、それを取り返す次のチャンスがありません。だからこそ、お客様にとってもただの接客員ではなく、「人生の中ですごく大事な瞬間を助けてくれた人」という大きな存在になれるのだと思います。プレッシャーが大きいぶんだけ、自分にも達成感が返ってくるので、ぜひ頑張っていただきたいです。

インタビュー一覧