スタッフインタビュー Interview

Bridal Stylist

女性が活躍している職場ですので、
始めはすごくコミュニケーションに戸惑いました。

Naoto. S

シェラトン 舞浜店 入社2年目
ブライダルスタイリストとして2年目、現在はご来店されたご新郎様のタキシードのアドバイスやシェラトンホテル内での集客、成約率などの数字の管理などの営業活動も行っております。

Q. この業界で働きたいと思った理由は何ですか?
学生時代に担任へ感謝の気持ちを込めた“サプライズムービー”を撮ったのがきっかけです。その時に人に喜んでもらうことの楽しさを知りました。元々は違う業種を志望していたのですが、「人生で一番幸せな瞬間に立ち会いたい」と思い、この業界を選びました。

Q. 曽我を選んだ理由は何ですか?
ドレスやタキシードだけではなく、百貨店の七五三や成人式の振袖、卒業式の袴などにも興味がありますので、今後、数多くの衣裳について携わりたいと思っております。業界大手の提携先がある曽我は、サービスや商品のクオリティーなど“信頼性がある”といった意味ですごく魅力的でした。

Q. 学生時代に思い描いていたウエディング業界、実際に入社して働いた時のギャップや大変だったことはありましたか?
すごく華やかな世界に見えるのですが、実は体力勝負。可憐に見えるドレスがすごく重いこと。衣裳室では、ドレスフェアなど毎月2日間のフェアを開催しているのですが、取り寄せの商品も多いため、搬入、搬出、衣裳のレイアウトなどドレスを運ぶことも多いので、大変だなと思うことが多いです。また、女性が活躍している職場ですので、始めはすごくコミュニケーションに戸惑いました。今まで、“褒める事”が苦手だったのですが、そこは改善しなけばと思い、「その髪型似合いますね?」などちょっとしたことを褒めるよう心がけました。今では、“褒める”ことが接客においても、活かされていると実感しています。

Q. どんな時に喜び・やりがいを感じます?
挙式当日は残念ながら立ち会う機会が少ないのですが、結婚式を無事に終えられた方が、ご挨拶をしに再び店頭に足を運んでくださった時、お客様の笑顔に出会えた時、接客に満足いただけたのかなと思うので、一番、喜びや、やりがいを感じる瞬間です。

1日のタイムテーブル
07:30起床
09:30出社
10:00メールチェック・商談資料の用意
11:00商談
12:30昼食
14:00店舗へ出勤
15:00接客
18:00商談報告書作成・お客様のカルテ処理
19:00退社
20:30友人と夕食に行き、帰宅
00:00就寝

Q. リフレッシュ法や休日の過ごし方は?
友達とわいわいするのもすごく好きですし、1人で過ごす時間もすごく好きなので、土日休みの友達とは仕事帰りに夕食などを一緒にし、平日のお休みは、お昼までゆっくり寝ていたり、1人でドライブに行ったり、釣りに行ったりと自由気ままに過ごしています。

Q. 今後、仕事の中でやりたい事、叶えたい事はありますか?
2年目で後輩ができまして、人に教える事の大変さや、もどかしさをすごく感じています。(1年前)同じように先輩が私に教える時は、同じ気持ちだったのかと思うと、「もっと信頼されて、教えることができるような人にならなくては」と思います。また、スタイリストの他、営業として店舗強化を計るため色々と頑張っていきたいです。

インタビュー一覧