スタッフインタビュー Interview

Bridal Stylist

お客様自身の魅力を最大限に引き出せるような
スタイリストを目指しています。

Junna. K

シェラトン舞浜 入社1年目
ブライダルスタイリスト
ブライダルスタイリストとして1年目、現在はご来店されたお客様のカウンセリングを行い、 お客様の求めている衣裳やイメージを理解して提案し、小物まで含めたコーディネートを行っています。

Q. この業界で働きたいと思った理由は何ですか?
高校生の時に、姉の結婚式の衣裳選びに参加させてもらいました。その時にスタイリストさんが、姉が求めているドレスをパッと差し出したのが印象的でした。そのドレスを着た姉がすごく綺麗で「私も衣裳選びのお手伝いをしたいな」と思い、この業界に進みました。

Q. この業界の中で、曽我を選んだ理由は何ですか?
会社説明会に参加した際に、研修がとても充実していたこと、スタイリストの資格を取得できることに魅力を感じて入社しました。研修の中で役立ったのは、3~5分間でプレゼンテーションをした経験です。その研修のおかげで、お客様の前でもあまり緊張せずにお話しができていると思います。

Q. 学生時代に思い描いていたウエディング業界のイメージと、実際に入社して働いた時のギャップはありましたか?
華やかな仕事をイメージしていましたが、そのぶん裏では大変だと感じています。挙式当日に搬入する衣裳がとても重いのですが、汚さないよう細心の注意を払って運んでいます。

Q. どんな時に喜び・やりがいを感じます?
お客様に「今日は楽しかったです。ありがとうございました」「越川さんが担当してくて、リラックスできました」など言っていただけると、とてもやりがいを感じます。

初めて衣裳選びを一人で担当した時は、お客様があまり自分の意見を言わない方だったので、「どういう衣裳を求めているんだろう?」と選ぶのが難しかったのですが、無事に衣裳が決まったときは本当に嬉しかったです。

1日のタイムテーブル
05:30起床
09:00出社
09:30翌日使用分チェック
10:00接客
12:00昼食
13:00カルテ処理&電話番
14:00接客
16:00接客ロープレ
18:00掃除
19:00退社
22:30地元の友達と夕食に行って帰宅
00:00就寝

Q. 帰宅後のリフレッシュ法や休日の過ごし方は?
休日はお笑いの動画をみたりライブを見に行ったりしています。お休みの前日は、帰りに同僚や先輩と職場の近くで飲み会をしたり、地元の友達との飲み会に参加してリフレッシュしています。

Q. 今後、仕事の中でやりたい事、叶えたい事はありますか?
一日も早く一人前のスタイリストになりたいです。初めてご来店されるお客様の緊張を和らげたり、お客様自身が気付いていない魅力を最大限に引き出せるようなスタイリストを目指しています。

インタビュー一覧