スタッフインタビュー Interview

Bridal Stylist

お互いの悩みを話したり、共感し合えたりする同期が 身近にいたのが良かったと思っています

Ayuri. S.

シェラトン 舞浜店 入社2年目
ブライダルスタイリスト
ブライダルスタイリストとして2年目、入社当初は来店されたご新郎様のタキシードの接客を中心に、現在ではご新婦様のドレスも同じくらいのバランスで担当。スタイリスト業務以外にも、ドレスや小物が壊れていないかをチェックする商品管理、アクセサリー類の発注なども行なう。価格やデザインのバリエーションを考え仕入れをしています。

Q. この業界で働きたいと思った理由。また、その中で曽我を選んだ理由は何ですか?
高校生の時からウエディング業界に興味があり情報収集をしていました。「一生に一度の幸せな瞬間に立ち会いたい」というのが大きな理由です。衣裳と美容、プランナーに興味がありましたが、その中でも「衣裳」が一番ご新婦様と深く関われるのではないかと思い、この業界を選びました。曽我を選んだ理由は、就活中ブライダル業界の合同説明会に参加した時、色々な企業を見た中で、曽我のスタッフの笑顔が生き生きと楽しそうに見えたのがとても印象的だったからです。

Q. 学生時代に思い描いていたウエディング業界、実際に入社して働いた時のギャップや大変だったことはありましたか?
当然ですが学生時代とは違う環境で、覚えることも沢山ある中、お客様との距離感、先輩スタッフとのコミュニケーションなど日々学ぶことの連続でした。辛いと思うことはありましたが、仕事終わりに一緒に食事をしてお互いの悩みを話したり、共感し合えたりする同期が身近にいたのが良かったと思っています。

Q. 仕事をしている中で印象に残るエピソードはありますか?
始めは、なかなかドレスを決められないお客様への接し方が分からず、お客様と一緒に悩んでしまうことが多かったです。そんな時、先輩からヒアリング力をつけることを指摘されました。例えば、お客様が一番求めているドレスは「デザイン」なのか「色」なのか、気に入ったドレスがあれば、どの部分が良いと思っているのかなど。一番大切な日に着るドレスを選ぶことがどんなに大変なことか、お客様の立場に立った提案が出来てなかったと気づかされました。接客の難しさを学ぶ中、お客様の想像を超える提案が出来た時や感謝のお手紙をいただいた時などは、ブライダルスタイリストになって良かったと思える瞬間です。

Q. 帰宅後のリフレッシュ法や休日の過ごし方は?
翌日がお休みの日には同僚を誘って食事をしたり、家にまっすぐ帰る日はお風呂にゆっくりつかったり、大好きな音楽を聴いたり、家族と話したり。また休日は、友人と遊んだり、愛犬のジャックラッセルテリアの散歩に行ったりしています。動き回るのが大好きな犬種なので公園で一緒に走ったり飛び跳ねたりと、良いリフレッシュになっています。

1日のタイムテーブル
07:20起床
09:20出社・朝礼・当日のドレス準備・前日のドレスチェック
10:00接客
12:00昼食
13:00店舗業務(メール、前日のドレスのチェック、仮準備等)
14:00接客
16:00お客様のカルテ処理・店舗業務(メール、前日のドレスのチェック、仮準備等)・掃除
19:00退社
22:00友人と夕食に行き、帰宅
00:00就寝

Q. 今後仕事でやってみたいことや、叶えてみたいことはありますか?
今は先輩に同行してメーカーとの打合せや展示会に参加していますが、将来的には仕入れの責任者として活躍したいです。前回のオリジナルドレス製作では、衣裳室の先輩方が4チームに分かれコンセプトを決め、デザインから素材にいたるまでメーカーの担当者と何度も打合せを重ねながら進めていました。今後はオリジナルドレス製作にも参加し、シェラトン(舞浜)のお客様のニーズを取り入れたドレスを作れたら…と思っています。

Q. この仕事に興味を持っている方にメッセージをお願いします。
「お客様の人生の幸せな時」に側で寄り添えることは自分自身も幸せになりますし、大変なこともありますが楽しいお仕事だと思います。当日はお客様の姿を拝見することは難しいのですが、後日結婚式のお写真を見せに会いに来てくださるお客様もいらっしゃいます。ブライダルスタイリストは、お客様の一生に一度の大切なハレの日の想いをカタチにする「誇れる」お仕事だと感じています。

インタビュー一覧