スタッフインタビュー Interview

Bridal Stylist

幅広い年代の方と接することが多いので、
最初は難しかったです。

Ayaka. O

ビタースウィート 新宿店 入社2年目
ブライダルスタイリスト
ブライダルスタイリストとして2年目、お客様に挙式の日やお衣裳の好みを、 事前カウンセリングを丁寧にした上でご試着の日を決めています。
お客様が安心できるよう最初から最後まで同じ担当スタッフがご案内するのも路面店ならではです。

Q. この業界で働きたいと思った理由は何ですか?
小さい頃から自分や友達の洋服に興味があったのと、両親の結婚式の写真を見て感動したのが理由です。人生の節目となる結婚式に、ドレスを通じて携われる仕事がしたいと、この業界を目指しました。

Q. どんな時に喜びややりがいを感じますか?
ビタースウィートは、衣裳の仕入れを店舗のスタッフが行っています。入社まもない私たちの意見を受け入れてもらったり、展示会などにも参加しています。自分がお客様のご要望に沿って仕入れたドレスを、ほかのお客様にも気に入っていただけて成約がとれた時に、とても喜びを感じます。また、そのドレスに小物や新郎様のタキシードもコーディネイトして、「岡安さんにお願いしてよかった」と言っていただけた時も嬉しかったです。

Q. 仕事で大変だったことは?
幅広い年代の方と接することが多いので、その年代に合わせてどう接客すれば良いのかが、最初は難しかったです。今は、自分と年齢が近い方には身につけていらっしゃる小物などを褒めて話しやすい雰囲気を作っています。年代が上の方には、会場やドレスなどについて具体的に深くコミュニケーションがとれるように心がけています。

Q. 帰宅後のリフレッシュ法や休日の過ごし方は?
帰宅後は、専門学校時代の友人や職場の先輩と食事に行くことが多いです。休日は、髪やネイルのお手入れをします。お客様にご説明する際には指先まで見られますし、身だしなみが問われる職場なので、そういったケアに時間を使います。あとは、お客様に「ビタースウィートだけでは決められない。ほかのショップにも行ってみたい」と言われると気になるので、ほかのお店にどんな衣裳があるのか見に行くこともあります。

1日のタイムテーブル
07:00起床
10:15出社・店内清掃・朝礼
11:00店舗の業務(メール、前日のドレスのチェック、仮準備等)
13:00昼食
14:00接客
17:00店舗の閉め処理(ゴミ捨て、洗濯)
19:15退社
23:00就寝

Q. 今後、仕事の中でやりたいことは?
いままでの2年間、先輩方に教えていただいた様々な知識を次の新入社員にしっかり伝えていきたいです。と同時に、自分たちが型にはまっていた部分に新しい風を吹き込んでもらい、一緒に新しい形のお店を作っていけたらと思います。

Q. この仕事に興味を持っている大学生にメッセージをお願いします。
弊社はインショップの店舗と路面店の両方があるので、幅広い経験を積めることが魅力です。関連会社や他店舗との間の風通しもよく、コミュニケーションがとれていて、すごく働きやすい環境だと思います。

インタビュー一覧